『ボルドーの秘宝』に関連して

『ボルドーの秘宝』を出版するに際して、何冊か参照文献を読んだ。

書名:  王妃エレアノール  著者名:  石井 美樹子/著 出版者:  平凡社
書名:  王妃アリエノール・ダキテーヌ  著者名:  桐生 操/著 出版者:  新書館
書名:  トルバドゥール詞華集  著者名:  瀬戸 直彦/編著 出版者:  大学書林
書名:  アキテーヌ公ギヨーム九世   著者名:  中内 克昌/著 出版者:  九州大学出版会

上2冊は著者の奥さんが読み、下2冊は私が読んだ。

ーーー

ギヨーム9世(Guillaume IX、Guilhen de Peiteu、1071年10月22日 – 1126年2月10日)

 

 

 

 

 

中世フランス王国の貴族でアキテーヌ公(ギヨーム9世、在位:1088年 – 1126年)、ポワティエ伯(ギエム7世、在位:同)。ギヨーム8世ブルゴーニュ公ロベール1世の娘イルデガルドの子。ギヨーム・ド・ポワチエオック語ではギエム・デ・ペイチュとも呼ばれる。

 

今どきのネットは、しばらく前ならその存在も知らなかったような貴重な資料が、テキストどころか音声でも発見できる。

まさか、トルバドゥールの歌が聞けるとは驚きだ。発音は現在のフランス語よりはイタリア、スペインの音に近い。先ず鼻母音がなさそうだし、語尾が開放音節ばかりである。

ギヨーム9世から孫のアリエノール・ダキテーヌにかけてパリを中心とした北フランス(オイル語)とボルドー、ポワティエを中心とした南フランス(オック語)はきっばりと別れていて、南フランスのアキテーヌ公国は現在のフランス全土の4分の3の領地を持ち、フランス王国より3倍も大きい領土を所有していた。

ギヨーム9世は自身が最古のトルバドゥールと言われた人物で、代表作が以下の

« Farai un vers pos mi sonelh »(オック語)(眠りの中で歌を作ろう)である。

以下の翻訳は『アキテーヌ公ギヨーム九世』の中内克昌さんによる。

内容がいかにもおおらかなものであることに驚く。後のボッカチオの艶笑譚『デカメロン』に引き継がれるゴロワ的なユーモアだ。

ーーー

ひとつ詩を作ろう、俺は眠ってはいるが

日に当たりながら歩いているのだから。

世の中には性悪な女たちがいるものだ、

   それが誰だか教えよう、

それはな、騎士たちを愛することを

   さげすんでる女たちだ。

言語道断のひどい罪を犯しているのだぜ

誠実な騎士を愛さぬ女というのは。

恋の相手が修道士や聖職者というのなら、

   お門違いというものだ。

当然そんな女は火あぶりにすべきだろう

   燃えさかる炎に掛けて。

リムーザンの向こう、オーヴェルニュへ

俺はひとりお忍びで道をたどっていた。

その折に俺は出会ったのさガラン氏と

   ベルナール氏の細君に。

二人は愛想よく俺に挨拶をした、

   聖レオナールさまに誓って。

一人がそこのお国言葉で俺に言った。

「神のお助けがありますように、巡礼さま。

そちらさまはきっとよほど尊い家門のお方に、

   お見受けいたしますわ。

だけど世間には仰山いなさるもんですわ

   瘋癲ふうてんさんたちが」

そこで聞きたまえ、俺が何と答えたか。

俺は彼女にこうともああとも言わなかった、

まともなことは何もしゃべらなかった、

   ただこう言ってやったのよ。

「ババリオル、ババリオル、

   ババリアン」とね。

アニェスがエルメッセンにこう言った。

「ついに会えたわね探し求めてたものと。

ねえ、お願いだから、泊めたげましょうよ、

   きっとこの人おしだもの、

あたしたちどんなことしようとこの人に

   暴露ばらされることないわよ」

一人がひそやかに我が輩の手をとって、

彼女の部屋の暖炉のそばに連れてった。

それはまあ実に俺はいい気分だったよ、

   火はよく燃えていた、

それで俺はほくほくしながら暖をとった

   たんとある炭火に当たり。

女たちは丸々肥った鶏を食わせてくれた、

はっきり言って二羽分以上はあったろうよ、

しかも料理人もいなければ皿洗いもいない、

   俺たち二人きりなんだ。

それにさパンは白いしワインはうまいし

   胡椒もたっぷりあった。

「ねえちょっと、この人油断ならないわよ、

わざと口をつぐんでるのよ、あたしたちに。

赤茶毛のニャン公を連れてきましょうよ

   さっそく今すぐに、

あれならすぐ化けの皮をはがしてくれるわ

   騙す気があるのなら」

アニェスがそこでそやつを探しに行った、

でかい図体の長いひげを生やした猫だった。

だから俺は、それがこっちに来たのを見て、

   おっかなびくびくだった、

俺の勇気もあわや失せるところだったよ

   そしてファイトまでも。

われわれ飲んだり食ったりしてからすぐ、

俺は女たちの御意ぎょいのまま服を脱いだ。

俺の後ろに彼女らはその猫を連れてきた

   たちが悪くて物騒な。

で、一人がそやつを俺のわきの方に引き寄せた

   かかとのところまで。

いきなり彼女が猫のしっぽをつかまえて

ぐいっと引っ張るとそやつは俺を引っ掻く。

おかげでこっちは百をも越す傷だらけ

   ほんとそのときは。

だが断固俺は身じろぎもせぬぞと構えていた

   たとえ殺されようとも。

「ねえちょっと」アニェスがエルメッセンに言う、

「ほんとにこの人おしさんだわ、間違いないわ。

それじゃあ早速お風呂の支度をしようよね

   そして楽しみましょう」

一週間とそれ以上俺はお世話になりました

  そのおゆどのでね。

俺が何度楽しませてもらったか教えよう。

実にひゃくはちじゅうはち回もですぞ、

おかげでこっちの脚のつけ根と用具のほうは

   あわやちぎれそうだった。

あとの痛さは口で言い表わせるものではない、

そりゃひどいものだったよ。

とても言い表わせないその痛さといったら、

   そりゃひどいものだったよ。

海老坂武『自由に生きる おひとりさまのあした』

海老坂武『自由に生きる おひとりさまのあした』を読んだ。

気になったのは谷崎潤一郎とサルトルのところ。

「朝吹登水子さんについて悔いが残る。朝吹さんとお付き合いするようになったのは、サルトルとボーヴォワールが日本を訪問したときである。二人は日本で三つの講演をおこない、いくつかの会合に出席し、日本各地を旅行したが、朝吹さんは、その間四週間、二人に付き添い、ガイド兼通訳の役をつとめられた。
[中略]
当時朝吹さんはフランソワーズ・サガンの翻訳者として、またエスプリのきいたエッセイの著者としてすでに世に知られていた。私ももちろんお名前は存知あげていたが、お目にかかったのは初めてだった。
[中略]
高齢者に会うときはいつもそういう覚悟を持たされる。いまでは、私に会う人にもこういう覚悟をしてもらっているのかもしれない。聞きたくて聞けなかったのは次のことである。サルトルとボーヴォワールが来日したとき、二人は谷崎潤一郎夫人にぜひ会いたいという希望をもっていた。これが実現し、朝吹さんが通訳をされたのだが、このときサルトルは谷崎の晩年の性生活についてこまかく質問をし、夫人も隠すことなく質問に答えた。
という話をある日朝吹さんから伺ったのだが、事柄が事柄だけにその内容をその場で尋ねることがためらわれた。そして結局そのままになり、そのときの会談の内容は誰知ることのないままに闇の中に消えてしまった。いったい、谷崎夫人はどんなことをしゃべったのか。谷崎の晩年の作品が作品であるだけに、これは大きな悔いの一つとして残っている。」
ボーヴォワール以外に何人もの女とタイムシェのセックスフレンドを持っていた老ドン・ファンならではの話が聞きたいのもだと私も思う。

140頁

もう一箇所は

「お祝いパーティーお断り

生活習慣だけでなく、生活信条のようなものも頑になっている。若い頃は人の結婚式にのこのこ出かけていったこともあるが、世にこれほど馬鹿げた集まりはないと思うようになって、ある時期からすべて断るようになった。

だいたい結婚式料理ほどつまらぬものはない。『シングル・ライフ』という本を出してからは、幸いなことに断る労すら必要なくなった。案内がこなくなったのである。

叙勲のお祝いの会とやらも二、三度声をかけられたが、これは結婚式以上につまらない。いったい人はなんで勲章をありがたがるのか。あるとき、かなり上のほうの勲章をもらった高名な小説家に「なぜもらったのか」と問いただしたことがある(叙勲は本人の同意を得てからなされる)。そしたら「お金だ」という答えが、このかなり裕福そうな小説家から返ってきた。たしかに彼のもらった勲章はお金つきなのだ。

しかし私は「嘘つけ」と心に思っていた。「世間に広く認められて偉くなったようでうれしい」と素直に言えばまだ可愛げがあるのに、自分の心の動きを〈お金〉にすりかえている。〈お金〉という言葉を出せば、受け入れられると思っているのだ。その姑息な計算を私は軽蔑した。たぶんその作家の辞書からは〈虚栄心〉という言葉がそっと消されているのだろう」

これは明らかにノーベル賞を取った大江健三郎だ。海老坂さんは大江健三郎と同い年で同じ東大仏文出身だからだが、片方はフランス語がからきしできないで小説で身を立て、海老坂さんは早くからサルトルの翻訳家として名を知られている。ノーベル文学賞の選定基準がさっぱりわからない私からすると、海老坂さんの感想はさもありなんという感じだ。

アレクサンドル・デュマの『キーンまたは狂気と天才』(1836年初演)の翻訳が完了

翻訳開始から四ヶ月弱かかりましたが、ようやくアレクサンドル・デュマの『キーンまたは狂気と天才』(1836年初演)の翻訳が完了し、本日版元に納品します。

サルトルが翻案した『キーン』(1953年初演)はすでに翻訳がありますが、原作のデュマ版はこれが初訳です。

19世紀前半当時のフランスのロマン派演劇の俳優フレデリック・ルメートルがイギリスの伝説的名優キーンの1833年の死にさいしてキーン自身を演じたいと願い、デュマが完成したのが本作品です。

イギリス皇太子の友人でデンマーク大使夫人を愛するキーン。舞台上でロミオとジュリエットを演じていたキーンは、伯爵の桟敷にいるエレナとプリンスの姿を認め、財産目当てで女優志願のアンナとの強制結婚を目論む悪徳貴族ロード・ミーウィルを罵倒しながら、舞台上で気絶する。さて、キーンの最後はどうなるでしょうか。

最初の写真はパリにあるフレデリック・ルメートルの銅像。次はドリュリー・レイン劇場でハムレットを演じるキーン。

シュークルットのレシピ

奥さんの小説の舞台がストラスブールということで、名物料理シュークルットを作れと言われて作ってみた。

参考サイトはここ

http://www.plaisirdelatable.jp/cooking/choucroute.html

以下に参考サイトの内容を引用します。

☆ 作り方

  1. 漬け込みです。
    まずキャベツを細切りにし、大きめのボールに入れ、粗塩25グラムを全体にまぶして、2-3時間そのまま置きます。
    水が出てきますね。この水は捨てます
    さらにキャベツを軽くもんで水をはかせ、水分をよく絞って、別のボールに入れます。
    400ccと200cc、チョウジ(丁字)の粉末少量を混ぜて、キャベツにかけ、
    ひと晩
    置きます。

    チョウジっていうのは、アジアのモルッカ諸島、フィリピン、またはアフリカに
    生える植物の、うす紅色の花のつぼみを乾燥させたもので、かたちは
    褐色の折れくぎ状のもので、とてもとても強い香気をもっています。
    他の香料とブレンドして、肉料理に使用することが あります。
    2.キャベツの煮込みです。
    さて、翌日。ベーコンを細切りにして、なべの底に散らし、漬け込んだキャベツを平に入れます。

 

 

 

 

 

 

 

キャベツの漬け汁、水、固形スープを砕いて入れ、コショウをふり入れます。
ふたをして、弱火で30-40分間、 キャベツがやわらかくなるまで煮るのです。
途中、煮詰まるようでしたら、水を少したしてください。

煮上がりぎわに、ウインナー、またはフランクフルトソーセージ、ハム、コーンタン
(牛の舌の塩漬けにしたもの)などを入れてあたため、なるべく素朴な感じ
大皿に盛って食卓へ。 お好みで取り分け、召し上がってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャガイモを姿のままゆで、粉ふかしにしてつけ合わせるのも、かえって田舎風でいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つはこのサイト。

https://jp.ambafrance.org/article7524

 

無声映画”Kean”について

Alexandre Dumas の原作によるKeanの翻訳の過程で、ロシア革命期に亡命したロシアの俳優や映画人たちがパリで制作した無声映画のなかに『キーン』があることがわかった。発売元はFlicker Alleyというロサンゼルスにある映像販売会社。

DVDはFrench Masterworks: Russian Emigres in Paris 1923-1928 – 5 Iconic Films Albatros Productionsである。Keanはこのコレクションの中に収められている。

12月27日に会員登録してオンラインで購入、1月10日には到着した。

 

 

 

 

 

 

 

Keanの内容についてはカリフォルニア在住のFRITZI KRAMERによる詳細な解説に任せるとして、私としてはざっとした印象を書いておきたい。

役のキーンは亡命ロシア人俳優のイワン・モジューヒンが演じている。本編の字幕はフランス語が入っていて、主としてデュマの原作から抜粋している。英語の字幕もリメイク版として付けられている。内容はデュマの『キーン』にプロットは借りているものの、エンディングは喜劇として書かれた原作とは全く異なって、キーンは女優志望の若いアンナとニューヨークに旅立つという幕切れではなく、キーンが恋したデンマーク大使夫人のエレナに看取られながら死の床で事切れるという悲劇的な最後で終わる。

無声映画の完成は1923年で、デュマの死亡年は1870年というから、著作権の消滅を待って公開したものかもしれない。

なお、FRITZI KRAMERの解説中にデュマ原作の英語翻訳の情報があってありがたい。

アメリカズ・ゴット・タレント 「シャンデリア」

アメリカズ・ゴット・タレントを好きで見ている。

今回はSia Kate Isobelle Furlerの「シャンデリア」を歌うピエロの扮装をした男性が秀逸なので紹介したい。

シーアの原曲のオフィシャルトラックはこれ。

これはすでに人を驚かすパフォーマンスだが、AGTのクラウンの歌唱も感動モノだ。

それがこちら。

なぜか涙を誘う歌声とパフォーマンスだ。

日本語訳と解説はこれが詳しい。

SIA(シーア)シャンデリアの和訳の解釈!歌詞に込められた意味とは?

 

謹賀新年

あけましておめとうございます。

今年の最初の出版はアレクサンドル・デュマの『キーン 狂気と天才』です。アレクサンドル・デュマの戯曲は当社で、『アンリ三世とその宮廷』、『アントニー』、『ネールの塔』、『ベル=イル嬢』に次いですでに5作目になります。

『キーン』はサルトルの戯曲として有名で翻訳もありますが、実はアレクサンドル・デュマの原作を翻案したものです。今回、アレクサンドル・デュマの原作を翻訳して出版するべく作業をしています。どうぞご期待下さい!

 

GoogleDriveのOCR機能を使って大量の画像ファイルをテキストに変換する方法

はじめに

私の環境はMacBook ProでMacOS X 10.13.6で、スキャナーで取った画像ファイルをgoogle ドキュメントにアップロードしていた。Google ドキュメントを右クリックで「アプリで開く」のなかの「googleドキュメント」を選択するとOCRができる。大変便利な機能で、しかもOCRの精度が高いので重宝している。問題は、この操作は1ファイルごとにしなければならないため、複数ファイルの一括変換があれば一層便利になると思っていた。

Google Cloud Supportに問い合わせると、「お調べいたしましたところ、複数の画像を一度にgoogleドキュメントアプリで開く機能は、現状実装されておりませんでした。ご要望に沿うことができず、誠に恐れ入ります」という答えだった。(2018年8月23日)

検索すると以下のサイトが見つかった。

GoogleDriveのOCR機能を使って、大量の画像ファイルをテキストに変換する

このサイトは大変参考になったが、何分ターミナルでコマンドを打ち込んで・・・という作業を日ごろしていないことと、バッチファイルの中身がよくわからない。ただ、gdriveというプログラムがその処理をしてくれるということがわかった。

「これらの問題については、Petter Rasmussen氏がgithub上で公開しているgdriveというソフトウエアを使うことで解消できます。」

結局、敬愛する友人Gさんにお願いしてそのgdriveを使って処理するプログラムを書いてもらった。そのプログラムは後ほど上げるが、gdriveのreadmeをよく読んでおく必要がある。

  1. gdriveをダウンロードして展開しておく必要がある。上のgdriveに行ってDownloadsの部分で自分の環境に適合したファイルをダウンロードする。
  2. MacOS XでインストールするにはHomebrewをダウンロードしてインストールする。Homebrewには日本語も選択できる。ターミナルコマンドが準備されているのでそれを使ってgdriveを展開しておく。

さて、gdriveを使って処理するプログラムはgdrive-import-export.plである 1


#!/usr/bin/perl

# After download: chmod +x gdrive-import-export.pl
#
# Usage examples
# ./gdrive-import-export.pl file1.png file2.png file3.jpg
# ./gdrive-import-export.pl uploads/*.jpg uploads/*.png

my $num_files = 0;
my $FILE = '';
my $IMPORT_TEST = 0; # for debug
my $EXPORT_TEST = 0; # for debug

$num_files = @ARGV;
print "Number of Files: $num_files\n";

if ($num_files < 1) {
print STDERR "give a file name\n";
exit(1);
}

for (my $i=0; $i < $num_files; $i++) {
$FILE = $ARGV[$i];
print STDERR "INPUT $FILE\n";

# gdrive import
my $command="gdrive import $FILE"; # modify this line for command options
my $imported = '';

if (!$IMPORT_TEST) {
$imported=`$command`;
print STDERR "$imported";
} else { print "DEBUG: $command\n"; }

# get FileiD
$imported =~ s/^Imported\s+(\S+)\s+.*/$1/;
chomp($imported);
print STDERR "FileID: $imported\n";

if ($imported ne '') {
my $command ="gdrive export --mime text/plain -f $imported";
# -f is for overwrite. modify mime type as text/rtf or other
#
# "gdrive about export" lists all available types
# From: application/vnd.google-apps.document
# To: text/html, application/rtf, text/plain, application/epub+zip
# and more

if (!$EXPORT_TEST){
my $exported = `$command`;
print STDERR "$exported";
} else { print "DEBUG: $command\n"; }
} else {
print STDERR "import failed. skip export and exit\n";
}

} # end of for

exit(0);
# end of the program


このプログラムのタスクは

  1. jpgやpngファイルをGoogle Driveにドキュメントとしてアップロードする。アップロードするファイル数を表示する。
  2. ドキュメントに変換されたファイルのテキストをローカルフォルダにダウンロードする。

以上である。上のソースコードをテキストエディットなどのエディターで適宜ファイル名を変えて、自分のMacの/user/local/bin/のディレクトリに保存する。

変換するデータは特権のいらない普通のフォルダに入れておきます。

後はターミナルで実行するだけ。Macのターミナルは私のようなコマンド苦手の人間には優しい。他のアプリケーションのようにドラッグ・アンド・ドロップに対応している。やり方を動画にしたので参考にしてください。 2

 

 

 

Notes:

  1. このPerlスクリプトはLinuxで動きます。Bash on Windows10でも動くでしょう。以上、G氏からの助言を付け加えておきます。
  2. 動画ではMacのターミナルにドラッグ・アンド・ドロップしたため、パス名が入っていますが、記述する場合はパス名は不要です。

籠池泰典氏のことを思うにつけ・・・

吉本隆明は『共同幻想論』の規範論のなかで書いている。

・・大和朝廷勢力がもともとわが列島に土着していたものか、あるいは渡来したものかは『古事記』の編者たちにも明瞭ではなかったとかんがえられる。その由来をきわめるには、数千年をさかのぼらねばならないし、交通形態の未発達な古代社会で、孤立的に散在していた村落は、村落周辺からはなれた地域からの襲来勢力を〈天〉からきたとでもかんがえるほかなかった。これは信仰からいっても当然のようにおもわれる。

しかも大和朝廷勢力以外にも、すでに出雲系のような未体制的な土着の勢力がいくつもわが列島に散在することはかれらにも知られていた。それだから大和朝廷勢力はかれらの〈共同幻想〉の担い手の一端を、すでに知られている出雲系のような有力な既存勢力とむすびつける必要があり、それがスサノオの〈天つ罪〉の侵犯とその受刑の挿話となってあらわれたのである。 1

『古事記』のなかでスサノオが詠んだ歌とされるものが、

夜久毛多都やくもたつ 伊豆毛夜幣賀岐いづもやえがき 都麻碁微爾つまごみに 夜幣賀岐都久留やえがきつくる 曽能夜幣賀岐袁そのやえがきに

である。しかし、この通説に対して吉本は『サンカの社会』を書いた三角寛を引用しながら土着系の伝承を紹介している。

 サンカは、婦女に暴行を加へることを「ツマゴメ」といふ。また「女込めごめた」とか、「込んだ」などともいふ。

 この「ツマゴメ」も、往古は、彼らの得意とするところであつた。そこで、「ツレミ」(連身)のヤヘガキができて、一夫多婦を禁じた。それが一夫一婦つれみ制度やえがきである。

 ここで問題になるのは、古事記、日本書紀に記された文字と解釈である。すなはち、

(古事記)夜久毛多都 伊豆毛夜幣賀岐 都麻碁微爾 夜幣賀岐都久留 曾能夜夜幣賀岐袁

(日本書紀)夜句茂多菟 伊都毛夜覇餓岐 菟麿語味爾 夜覇餓枳菟倶盧 贈廼夜覇餓岐廻

右に見るやうに、両書は、全く異つた当て字を使つてゐるが、後世の学者は、次のやうに解釈してゐる。

 八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を

と、決定してゐるやうであるが、サンカの解釈によると、(昭和十一年、富士山人穴のセブリ外十八ヶ所にて探採)次の通りである。

 ヤクモタチ(ツ)は、八蜘蛛断ち(つ)であり、暴漢断滅である。イヅモ、ヤヘガキは、平和を芽吹く法律で、ツマゴメ(ミ)ニは婦女手込めに……である。ヤヘガキツクルは掟を制定して、コ(ソ)ノヤヘガキヲ、はこの掟をこの守る憲法を——で、これが「一夫一婦」のヤヘガキである。

それで出雲族を誇示する彼らは、自分たちのことを、「八蜘蛛断滅ヤクモタチ」だと自称して、誇ってゐるのである。・・・

この伝承で歌を解釈すれば〈乱脈な婚姻を断つのに出雲族の掟を 乱婚にたいして作った その掟を〉ということになる。 2

なぜこういう解釈に吸引力があるかといえば、スサノオが追放されるさいに負わされた〈天つ罪〉のひとつは、農耕的な共同性への侵犯に関している。この解釈からでてくる婚姻についての罪は、いわゆる〈国つ罪〉に包括されて土着性の強いものである。『古事記』のスサノオが二重に象徴している〈高天が原〉と〈出雲〉の両方での〈法〉的な概念は、この解釈では大和朝廷勢力と土着の未開な部族との接合点を意味している。それは同時に〈天つ罪〉の概念と〈国つ罪〉の概念との接合点を意味していることになる。 3

教育勅語に心酔する籠池泰典氏の揺るぎない確信の核にこういう「共同幻想」が潜んでいるのではないか。出雲系(あるいは土着系)日本人の祖先たちがスサノオに従った民であるという確信を今でもその子孫に信仰として伝承したためではないかと思うのはわたしだけであろうか。

Notes:

  1. 吉本隆明『共同幻想論』角川文庫(1982年)224ページ
  2. 『共同幻想論』には引用ページの記載がないが、現在参照できるのは三上寛『サンカ社会の研究』現代書館 「三上寛サンカ選集 第6巻」(2001年)138-9ページである。
  3. 吉本隆明『共同幻想論』角川文庫(1982年)225-227ページ