フランス, フランス文学, フランス語翻訳, 出版

うちの奥さんがアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『城塞』を読んでいて、翻訳の文章につま ...

料理

奥さんの小説の舞台がストラスブールということで、名物料理のBlanc de poulet ...

フランス語翻訳, 出版, 文学

サルトルの『家の馬鹿息子』の翻訳の話をしよう。 まず、原書は3巻構成になっている。 英語版 ...

出版

『ボルドーの秘宝』を出版するに際して、何冊か参照文献を読んだ。 書名:  王妃エレアノール ...

フランス文学, 文学

海老坂武『自由に生きる おひとりさまのあした』を読んだ。 気になったのは谷崎潤一郎とサルト ...

フランス文学, フランス語翻訳, 出版, 文学

翻訳開始から四ヶ月弱かかりましたが、ようやくアレクサンドル・デュマの『キーンまたは狂気と ...

料理

奥さんの小説の舞台がストラスブールということで、名物料理シュークルットを作れと言われて作っ ...

フランス文学, 映画

Alexandre Dumas の原作によるKeanの翻訳の過程で、ロシア革命期に亡命した ...

出版

ホイットニー・ヒューストンのEveryone Awayを歌う人は多いけれど、このJohnn ...