シュークルットのレシピ

奥さんの小説の舞台がストラスブールということで、名物料理シュークルットを作れと言われて作ってみた。

参考サイトはここ

http://www.plaisirdelatable.jp/cooking/choucroute.html

以下に参考サイトの内容を引用します。

☆ 作り方

  1. 漬け込みです。
    まずキャベツを細切りにし、大きめのボールに入れ、粗塩25グラムを全体にまぶして、2-3時間そのまま置きます。
    水が出てきますね。この水は捨てます
    さらにキャベツを軽くもんで水をはかせ、水分をよく絞って、別のボールに入れます。
    400ccと200cc、チョウジ(丁字)の粉末少量を混ぜて、キャベツにかけ、
    ひと晩
    置きます。

    チョウジっていうのは、アジアのモルッカ諸島、フィリピン、またはアフリカに
    生える植物の、うす紅色の花のつぼみを乾燥させたもので、かたちは
    褐色の折れくぎ状のもので、とてもとても強い香気をもっています。
    他の香料とブレンドして、肉料理に使用することが あります。
    2.キャベツの煮込みです。
    さて、翌日。ベーコンを細切りにして、なべの底に散らし、漬け込んだキャベツを平に入れます。

 

 

 

 

 

 

 

キャベツの漬け汁、水、固形スープを砕いて入れ、コショウをふり入れます。
ふたをして、弱火で30-40分間、 キャベツがやわらかくなるまで煮るのです。
途中、煮詰まるようでしたら、水を少したしてください。

煮上がりぎわに、ウインナー、またはフランクフルトソーセージ、ハム、コーンタン
(牛の舌の塩漬けにしたもの)などを入れてあたため、なるべく素朴な感じ
大皿に盛って食卓へ。 お好みで取り分け、召し上がってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャガイモを姿のままゆで、粉ふかしにしてつけ合わせるのも、かえって田舎風でいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つはこのサイト。

https://jp.ambafrance.org/article7524

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください