二月二十四日

任意

 

 

 

 

 

一幕ドラマ

ヴェルナーによるドイツの戯曲から模倣

「ゲンミ山」(スイス旅行記より)付き

デュマ『二月二十四日』
アマゾン書店
デュマ『二月二十四日』
Rakuten書店
概要

『二月二十四日』はアレクサンドル・デュマが1850年にゲテ・リリック劇場で上演した「1幕ドラマ」である。デュマは100作を超える台本のうち、この劇についてだけ、極めて例外的に「Z・ヴェルナーによるドイツの戯曲から模倣」という断り書きをつけている。フリードリヒ・ルートヴィヒ・ザカリアス・ヴェルナー(1768 – 1823)は、ドイツの詩人であり、劇作家、説教者でもあった。物語は、一九世紀初頭の極寒のスイスの山の宿である。多額の借金で訴追された宿屋の主人クンツと妻ガートルードは、翌朝、刑務所に収監される最後の夜を過ごしている。時は二月二十三日の深夜、明日は運命の二月二十四日である。その時、長い間帰っていなかったこの土地の出身の若者カールが一晩泊めてほしいと入ってくる。薪もない宿は自分たちの寝室の間仕切りしかない小部屋を提供することにした。クンツは金だけ取ろうと小部屋に忍び込むが、若者に騒がれて短刀で殺してしまう。パスポートを確かめると逐電した自分たちの息子だとわかる。カミュの『誤解』への影響もあると言われる戯曲の初訳である。デュマはヴェルナーの『二月二十四日』の舞台になったスイスのシュヴァルトバッハの宿屋にみずから行った。『スイス旅行記』の中から「ゲンミ山」を収録したのはそのためである。

試し読み

二月二十四日』をプレビューでお楽しみください。

『二月二十四日』

このプレビューはBiB/i(EPUB READER on your Website)を使わせて頂いています。松嶋智さん、ありがとうございます。

電子書籍による出版 

下のアイコンをクリックすると、クリックしたリーダーのサイトにジャンプします。​​

(まだ発売開始していない書店もあります。その場合、あしからずご了承ください)

ReaderStore BookLive ブックパス
カリギュラ 誤解 カリギュラ
カリギュラ 誤解 誤解
カリギュラ

誤解

誤解

カリギュラ 誤解

 

誤解

任意

Posted by hnakata