フランス, フランス文学, フランス語翻訳, 出版, 文学

先に書いた『南方郵便機』の翻訳の問題であるが、『南方郵便機』の翻訳は調べてみると堀口大學( ...

フランス, フランス文学, フランス語翻訳, 出版, 文学

先に書いた『城砦』の翻訳の問題は終わりそうもない。サン=テグジュペリのことを調べているうち ...

フランス, フランス文学, フランス語翻訳, 出版

うちの奥さんがアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『城塞』を読んでいて、翻訳の文章につま ...

フランス語翻訳, 出版, 文学

サルトルの『家の馬鹿息子』の翻訳の話をしよう。 まず、原書は3巻構成になっている。 英語版 ...

フランス文学, 文学

海老坂武『自由に生きる おひとりさまのあした』を読んだ。 気になったのは谷崎潤一郎とサルト ...

フランス文学, フランス語翻訳, 出版, 文学

翻訳開始から四ヶ月弱かかりましたが、ようやくアレクサンドル・デュマの『キーンまたは狂気と ...

フランス文学, 映画

Alexandre Dumas の原作によるKeanの翻訳の過程で、ロシア革命期に亡命した ...

フランス文学

  「俺を拒んだ,だから殺したのだ!」 ーーアントニーの幕切れーー  アントニーという主人 ...

フランス語翻訳

まあ、とにかくミシェル・フーコーの日本語訳には誤訳が溢れかえっているので、日本語訳を読んで ...