狂言劇6亭主塾

This post is also available in: enEnglish (英語) frFrançais (フランス語)

亭主塾

亭主塾―三幕狂言

モリエール原作「亭主学校」翻案

  プリントオンデマンドによる印刷本は下の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします。


解説

『亭主塾』はフランス一七世紀の劇作家兼劇団主催者モリエールの『女房学校』(L’École des femmes)を日本の伝統芸能狂言としてよみがえらせるための翻案である。

あらすじ

舞台は京都。

歳の離れた兄の勘一と弟の山勘の兄弟が登場。二人は対照的な性格で、服装の流行に対する考えも正反対、自分が面倒を見ている瑠璃と菖蒲の扱いも正反対である。勘一は瑠璃に自由を与え、無理に自分と結婚させようとしないが、山勘は菖蒲の自由を奪って家に閉じ込め、家庭仕事に専念させ、いずれ自分の嫁にしようとしている。鮎之介が眉唾を伴って山勘に近づき、一目惚れした菖蒲に会いに行こうとするが山勘に阻まれる。

鮎之介を恋している菖蒲は一計を案じて、山勘に鮎之介が自分に横恋慕していると信じ込ませ、断りに行かせた。さらに、山勘に鮎之介から手紙が届いたと嘘をつき、手紙を返しに行かせるが、その手紙は山勘から救い出してほしいという願いを込めて菖蒲が書いたものだった。この計略が首尾よく進んで、菖蒲は鮎之介に直接会い、自分の本心を伝えることに成功するが、山勘だけはそれに気づかない。しかし、山勘は6日後のはずだった結婚を明日に早めようと言い出した。

菖蒲は山勘と結婚するくらいなら死んだほうがいいと覚悟を決め、大胆な賭けに出る。姉の瑠璃が瑠璃のふりをして鮎之介と結婚したいのだと山勘に思い込ませて、密会している瑠璃と鮎之介の2人を結婚させてしまおうと代官と執筆に頼んで結婚の制約を取りまとめる。最後にはそれが菖蒲と鮎之介との結婚だとわかり愕然とする山勘であった。


試し読み

『亭主塾』をプレビューでお楽しみください。

亭主塾

このプレビューはBiB/i(EPUB READER on your Website)を使わせて頂いています。松嶋智さん、ありがとうございます。


電子書籍による出版 

下のアイコンをクリックすると、クリックしたリーダーのサイトにジャンプします。​​

ReaderStore BookLive ブックパス
紀伊國屋書店 ひかりTVブック YAHOO!ブックストア
dブック AMAZON
Google play iBooks  Rakuten kobo