グィネヴィア姫の首飾り

This post is also available in: enEnglish (英語) frFrançais (フランス語)

グィネヴィア姫の首飾り

高浜眞子


プリントオンデマンドによる印刷本は下の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします。

グィネヴィアGuinevere)は伝説のアーサー王王妃。フランス語発音では Guenièvreグニエーヴル。グィネヴィア姫の最も有名な逸話は、円卓の騎士ランスロット(英語発音)との不倫で、フランスの吟遊詩人クレティアン・ド・トロワの『ランスロまたは荷車の騎士』(12世紀後半頃)で書かれたものである。

あらすじ

鎌倉に住む初村マヤは物置から裏に元の名前が書いてある首飾りの古い写真を発見した。元は夫の一馬の祖父の名前だが、大学生の娘の未知瑠の好奇心は一馬を急き立てて老人ホームにいる祖父に写真の由来を聞き出そうとするまで大きかった。祖父の太郎によると元は有名な金沢漆器の職人の次男だったが、鎌倉の若くして未亡人となった三雲伯爵夫人に呼び寄せられて、伯爵家の使用人をしていたが、夫人の言いつけで装身具を探しに渡仏したという。最近フランスの歴史に興味を持った未知瑠の好奇心はさらに高まった。三雲伯爵館はリゾート開発会社に売却され、現在レストランになっていた。

 マヤは支配人に頼んで伯爵館の蔵の整理を買って出て、古ぼけた手帳を見つけ、最初のページに元の名前を発見した。頼んで借用した三雲伯爵夫人の秘密の手帳は初村家の母子の探偵魂に火を付けてしまった。

 手帳は元がマルセイユに向かったところで終わっていた。その後の彼の足取りは夫人の屋敷の女中の娘である九十歳の老女に残された元から夫人に宛てた手紙にあった。マヤは元の旅程を探るべく娘未知瑠を連れてパリに向かう決意をした。


試し読み

グィネヴィア姫の首飾り』をプレビューでお楽しみください。

グィネヴィア姫の首飾り

このプレビューはBiB/i(EPUB READER on your Website)を使わせて頂いています。松嶋智さん、ありがとうございます。


ISBN:  978-4-905028-68-0

 電子書籍による出版 

下のアイコンをクリックすると、クリックしたリーダーのサイトにジャンプします。​

ReaderStore BookLive ブックパス
紀伊國屋書店 ひかりTVブック YAHOO!ブックストア
  AMAZON
Google play iBooks  Rakuten kobo