キーンまたは狂気と天才

2020年1月14日

This post is also available in: English (英語) Français (フランス語)

 

キーンまたは狂気と天才

アレクサンドル・デュマ著

中田平訳


印刷書籍(本)

現在(2019年2月)弊社の印刷書籍は一部を除きプリントオンデマンドでご購入いただけます。プリントオンデマンドによる印刷本は下の画像をクリックするとそれぞれのページにジャンプします。

アマゾン

キーンまたは狂気と天才

楽天(Rakuten)三省堂書店オンデマンド

キーンまたは狂気と天才

: 978-4-905028-71-0


サルトルが翻案した『キーン』(1953年初演)はすでに翻訳がありますが、原作のデュマ版はこれが初訳です。

19世紀前半当時のフランスのロマン派演劇の俳優フレデリック・ルメートルがイギリスの伝説的名優キーンの1833年の死にさいしてキーン自身を演じたいと願い、デュマが完成したのが本作品です。

イギリス皇太子の友人でデンマーク大使夫人を愛するキーン。舞台上でロミオとジュリエットを演じていたキーンは、伯爵の桟敷にいるエレナとプリンスの姿を認め、財産目当てで女優志願のアンナとの強制結婚を目論む悪徳貴族ロード・ミーウィルを罵倒しながら、舞台上で気絶する。さて、キーンの最後はどうなるでしょうか。


試し読み

キーンまたは狂気と天才をプレビューでお楽しみください。

キーンまたは狂気と天才

このプレビューはBiB/i(EPUB READER on your Website)を使わせて頂いています。松嶋智さん、ありがとうございます。


ISBN: 978-4-905028-72-7

 電子書籍による出版 

下のアイコンをクリックすると、クリックしたリーダーのサイトにジャンプします。​

ReaderStore BookLive ブックパス
紀伊國屋書店 ひかりTVブック キーンまたは狂気と天才
 キーンまたは狂気と天才
Google play iBooks  Rakuten kobo

 

Posted by hnakata