狂言劇5女房塾

This post is also available in: enEnglish (英語) frFrançais (フランス語)

女房塾

女房塾―五幕狂言

モリエール原作「女房学校」翻案

  プリントオンデマンドによる印刷本は下の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします。


解説

『女房塾』はフランス一七世紀の劇作家兼劇団主催者モリエールの『女房学校』(L’École des femmes)を日本の伝統芸能狂言としてよみがえらせるための翻案である。

あらすじ

山勘は日ごろから、界隈の亭主たちを馬鹿にしては楽しんでいた。亭主はせっせと金をため、その金を女房は男に貢ぐ。彼にとってはどちらも笑いの種でしかなく、女房にするなら賢い女よりも、何も知らない無知な女こそ素晴らしいというのが口癖であった。持論を実行に移すべく、孤児であった菖蒲を引き取って尼寺に入れて育ててきた。成長した菖蒲はひどく無邪気で、まさに望み通りに育っていたので、明日にも祝言をあげる決心を固める。山勘のところへ親友の轍之丞の息子、鯉之介がやってきた。彼は無垢な女性と恋仲になったことを告白して山勘の手助けを頼む。親友の息子の頼みだと快く受け入れた山勘だったが、なんとその相手は菖蒲であった。鯉之介は菖蒲をこれまで修道院に入れていたのが山勘であることを、全く知らなかったのだ。驚いて菖蒲を問いただすと、菖蒲も鯉之介に惹かれており、結婚したいと言い出す。取り返しがつかないことになる前に急いで菖蒲と結婚するべく執筆に頼んで祝言の約定を急がせるが、結局は鯉之介が菖蒲の心を奪ってしまう。山勘はまさに「女房を教育するための塾長」としての役割を務めただけなのであった。


試し読み

『女房塾』をプレビューでお楽しみください。

女房塾

このプレビューはBiB/i(EPUB READER on your Website)を使わせて頂いています。松嶋智さん、ありがとうございます。


電子書籍による出版 

下のアイコンをクリックすると、クリックしたリーダーのサイトにジャンプします。​​

ReaderStore BookLive ブックパス
紀伊國屋書店 ひかりTVブック YAHOO!ブックストア
dブック AMAZON
Google play iBooks  Rakuten kobo