サルトルの亡霊

2020年5月13日

This post is also available in: English (英語) Français (フランス語)

サルトルの亡霊

サルトルの亡霊表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者 高浜眞子


印刷書籍(本)

現在(2019年2月)弊社の印刷書籍は一部を除きプリントオンデマンドでご購入いただけます。プリントオンデマンドによる印刷本は下の画像をクリックするとそれぞれのページにジャンプします。

アマゾン

 

 

楽天(Rakuten)三省堂書店オンデマンド

よみがえる時

 

 


梗概

2019年4月15日夜、パリのノートルダム大聖堂で大規模火災が発生し、尖塔などを焼失し、世界中が震撼した。女子大のフランス語教授の有川美由紀は35年前にサン・ジェルマン・デ・プレ教会にサルトルの亡霊が出たという噂で友人の井良沢洋介に呼び出されてパリへ行ったことを突然思い出した。カミュに傾倒していた美由紀がサルトルゆかりの地への巡礼の旅に同行する顛末と、老後に向かう35年後の二人の決算のときがこの物語の主題である。

主な登場人物

有川美由紀(ありかわみゆき) 鎌倉大学フランス語教授

井良沢洋介(いらさわようすけ) パリ在住の旅行業者で日本料理店経営者

ジャクリーヌ・アイザワ フランス人と日本人のハーフ・パリ第7大学教授

富田良二(とみたりょうじ)鎌倉大学英文学教授


試し読み

『サルトルの亡霊』をプレビューでお楽しみください。

サルトルの亡霊

このプレビューはBiB/i(EPUB READER on your Website)を使わせて頂いています。松嶋智さん、ありがとうございます。


電子書籍による出版 

 

下のアイコンをクリックすると、クリックしたリーダーのサイトにジャンプします。​​(まだ一部の書店は発売していません)

ReaderStore BookLive サルトルの亡霊
サルトルの亡霊 ひかりTVブック
美の挑戦〜日本の美容院がパリへ〜 サルトルの亡霊 AMAZON
Google play 美の挑戦  

サルトルの亡霊

美の挑戦〜日本の美容院がパリへ〜

 
 

Posted by hnakata